求菩提資料館
 求菩提資料館は、求菩提修験道にかかわる銅板法華経、経塚出土品、神仏像、古文書、さらには山伏の生活用品等、豊富な資料を収蔵展示しています。
資料館だより
 わが国の宗教は山岳信仰に始まると言われます。その山岳信仰をベースに、東北アジアのシャーマニズム、中国の道教、そして密教が結びついて成立したのが「修験道」と呼ばれる神仏習合の宗教です。
 信仰の山としての求菩提山の歴史は5〜6世紀にさかのぼるとされますが、12世紀初め頃(平安末期)に旧豊前国宇佐郡出身の僧、頼厳(らいげん)によって、ここに修験道がもたらされることになります。それ以来、明治元年(1868)の神仏分離令まで、天台宗護国寺を中心に、求菩提山は九州を代表する一大修験道場となりました。

 求菩提山は平成13年8月13日、国の史跡に指定されました。
史跡ガイドボランティアの会
企画展示
常設展示
アクセス
あなたは人目の訪問者です(2002.8.20〜 )
リンク集
新着情報
6月28日
   「企画展示」を更新しました
    夏のミニ企画展について

6月7日
   「資料館だより」を更新しました


資料館ジャーナル
求菩提山案内図
求菩提資料館
 〒828-0085 福岡県豊前市大字鳥井畑247
  TEL&FAX 0979-88-3203

 入館料   無料
 開館時間  9:30〜16:30(入館は16:00まで)
 休館日   月曜日(但し祝日の場合はその翌日)
         年末年始(12/28〜1/4)
 
刊行物のご案内